Windows10の使い方やカスタマイズなどの情報サイトです。

Office  

Windows10でExcel2010が起動しない、すぐに落ちる時の対処方法【2019年版】

スポンサーリンク

投稿日:

Excel2010 を愛用している方も多いと思いますが、2019年になった途端に Excel2010 が起動しないという不具合が発生しました。または、起動してもすぐに落ちてしまうという場合も。

Excel が起動しなければ仕事にならないという事もあるでしょう。こんな時どうすれば良いか対処方法を紹介します。

Excel2010が起動しなくなった原因

開発元であるマイクロソフトが2019年1月2日に出した Excel2010 のアップデートで、2019年に控えている新元号に対応するためのアップデートです。

このアップデートは自動で更新されるので、いつの間にか Excel2010 が起動しなくなったという事になるのです。

この不具合は自然に治るものではなく、再度パッチが来るわけでもなく、アップデートをアンインストールしないと不具合を回避できません。

アップデートをアンインストールする方法

browser1

まず、スタートメニューから設定を開きましょう。

Windows の設定の中から「更新とセキュリティ」を選択します。

「更新の履歴を表示する」のリンクをクリックします。

更新の履歴が表示されますが、不具合となっているのは Office の新元号アップデート KB4461627 が原因である事がわかっています。

画面上部の「更新プログラムをアンインストールする」を選択します。

更新プログラムの一覧が表示されます。その中から不具合の原因となった更新プログラムを探して選択し、アンインストールボタンを押します。

更新プログラムのアンインストールが始まります。

アンインストールが終わったら Excel2010 が正常に起動するか確認してみましょう。

目次

スポンサーリンク

336

336




関連トピックス



-Office

Copyright© Win10ラボ | Windows10の使い方と情報サイト , 2019 AllRights Reserved Powered by STINGER.