Windows10の使い方やカスタマイズなどの情報サイトです。

Internet Explorer  

Internet Explorer11でタブ横のEdgeを開くボタンを消す方法

投稿日:

Edgeで開くボタン

Windows10 用の Internet Explorer11 にはタブバーの新しいタブを開くボタンの横に Microsoft Edge を開くボタンが常設されています。これをクリックすると、今見ているウェブサイトを Microsoft Edge で開く事ができるのですが、わざわざそうする必要性も感じませんし新しいタブを開くボタンと押し間違えたりするので結構邪魔なのです。

Windows10 では Microsoft Edge の使用が推奨されているわけですから、どうやっても Edge に誘導したいのでしょう。

実はこの Edge を開くボタンは非表示にする事ができます。

Microsoft Edgeを開くボタンを非表示に

Internet Explorer を開いたら、画面右上の歯車アイコンをクリックしてメニューを開き、インターネットオプションを開きます。

インターネットオプションの詳細設定タブを開きます。

ブラウズの項目の中にある「Microsoft Edgeを開くボタン([新しいタブ]ボタンの隣)を非表示にする」のチェックマークをオンにします。そして、適用ボタン若しくは OK ボタンをクリックしましょう。

今回変更した設定は Internet Explorer の再起動後に有効になります。

再起動したらタブバーに Microsoft Edge を開くボタンが非表示になっている事が確認できます。

目次

スポンサーリンク

336

336

関連トピックス

関連トピックス






-Internet Explorer

Copyright© Win10ラボ | Windows10の使い方と情報サイト , 2018 AllRights Reserved Powered by STINGER.