Windows10の使い方やカスタマイズなどの情報サイトです。

Edge  

Edgeのスクロールバーを細く透明化するオーバーレイスクロールバー

スポンサーリンク

投稿日:

Edge でスクロールバーを透明化するオーバーレイスクロールバーを使用する方法を解説します。

スクロールバーは常に5mm程度画面を占有し、画面の表示領域も5mm小さくなっていることになります。

オーバーレイスクロールバーは、スクロールバーを透明化して細くするので、表示領域を最大限に使用する事ができます。

オーバーレイスクロールバーを有効化する

※Edge バージョン98で試験機能として導入されています。

試験機能を有効化するために、アドレスバーに以下を入力して試験段階の機能の画面を開きます。

今後正式な機能として導入されれば、通常の設定画面で設定可能になるかもしれません。

edge://flags/

以下のような警告文が英語で書かれています。有効化する場合は自己責任のもと行ってください。

警告:実験的な機能がここにあります!これらの機能を有効にすると、ブラウザデータが失われたり、セキュリティやプライバシーが侵害されたりする可能性があります。有効な機能は、このブラウザのすべてのユーザーに適用されます。エンタープライズ管理者の場合、本番環境でこれらのフラグを使用しないでください。

画面上部の検索窓で「overlay scrollbars」を検索します。

Windows style overlay scrollbars の右側にあるメニューで「Enabled」を選択します。

Enabled にすると画面下部に再起動ボタンが表示されます。

設定は再起動後に有効になります。

するとスクロールバーが透明化され、画面の全てが表示領域になっている事がわかります。

スクロールバーにマウスカーソルを合わせると、透明化は解除され少し太くなります。見た目のスタイリッシュ感だけではなく、使いやすさ的にも考慮されています。

目次

スポンサーリンク




関連トピックス



-Edge

Copyright© Win10ラボ , 2022 AllRights Reserved Powered by STINGER.