Windows10の使い方やカスタマイズなどの情報サイトです。

システム  

Windows10でタスクバーのアイコンが半分隠れる症状が出た時の対処法

投稿日:

Windows10でタスクバーのアイコンがよくわからない黒い何かで半分以上隠れてしまうという原因不明の症状が発生しました。マウスでどけようとしても反応なしで、タスクバーのアイコンすら隠れている所は反応しません。アイコンのちょっと見えてる部分は反応します。

これはもう不便でたまりませんね。

対処方法

タスクバーを右クリックしてメニューの中から「すべてのタスクバーを固定する」のチェックを外します。これでタスクバーがマウスで自由に動かせるようになります。

そしてタスクバーの縁をドラッグして上へ持ち上げます。するとタスクバーが広がります。更に、マウスでドラッグして元に戻しましょう。

すると謎の黒い遮蔽物はなくなりました。

また再発するようであれば、完全シャットダウンしてみましょう。

完全シャットダウンって何?普通のと何が違うの?と思うのも無理はありません。Windows10 にはシャットダウンが2つあります。

電源ボタン
Windows10で電源を切るシャットダウンの種類と方法について

Windows8 時代はシャットダウンの方法も難しくてわからない人が続出しましたが、Windows10 では改善され比較的簡単にシャットダウンできるようになりました。Windows7 以前のように直感 ...

続きを見る

ようするに完全に電源を切るのが完全シャットダウンなのです。じゃあ、普通のシャットダウンは完全に電源が切れてないのかと問われれば全くそのとおり。

完全シャットダウンをするには、Shift キーを押しながら電源アイコンをクリックしてシャットダウンを行います。

完全シャットダウンは動作状態のデータや諸データを保持せずシャットダウンするので、次回起動時にはまっさらな状態で起動します。そのため、動作不良などを起こしている場合は改善する事が多いです。

目次

スポンサーリンク

336

336

関連トピックス

関連トピックス






-システム

Copyright© Win10ラボ | Windows10の使い方と情報サイト , 2019 AllRights Reserved Powered by STINGER.