Windows10の使い方やカスタマイズなどの情報サイトです。

システム設定  

Windows10でアプリごとに出力音量や出力スピーカーを指定する方法

スポンサーリンク

投稿日:

これはApril 2018 Update適用後の機能です。

Windows10 でアプリごとに出力音量を調整したり、出力するスピーカーを指定する事ができます。多くの人のパソコンでは出力されるスピーカーは一つかと思いますが、パソコン内蔵スピーカーではなく別にスピーカーを購入している人だと一つのパソコンにスピーカーがいくつもあるという場合も珍しくないと思います。

このアプリではこのスピーカーから音を出し、このアプリではちょっと良いスピーカーで音を出したいという風にスピーカーの使い分けができるのです。

アプリごとに音量を調整する

browser1

まず、スタートメニューから設定を開きましょう。

Windows の設定を開いたらシステムを選択します。

左メニューよりサウンドを選択し、その他のサウンドのオプションから「アプリの音量とデバイスの基本設定」を開きます。

まず一番上にあるのがマスター音量です。これはあなたのパソコンでの全体の音量を司っているものです。全てのアプリに影響する音量調整スライダーです。

そのまま画面を下へスクロールしていくと、アプリごとの詳細設定ができるようになっています。

試しに Google Chrome だけ音量を50にしてみました。これはマスター音量に対して50%(半分)の音量に設定したという事になります。

アプリごとに出力スピーカーを設定

アプリごとに出力スピーカーを指定するには、出力のプルダウンメニューからスピーカーを設定しましょう。ここでは Google Chrome だけ既定とは違うスピーカーに設定しました。すると、Google Chrome だけ違うスピーカーから音が出るようになりました。

目次

スポンサーリンク

336

336




関連トピックス



-システム設定
-

Copyright© Win10ラボ | Windows10の使い方と情報サイト , 2019 AllRights Reserved Powered by STINGER.