Windows10の使い方やカスタマイズなどの情報サイトです。

カスタマイズ  

Windows10でレジストリエディタを開く方法

投稿日:

regedit

レジストリとは Windows PC の莫大な設定情報を格納しているデータベースで、ようはパソコンの細胞のようなものです。レジストリエディタは通常変更不可能な設定情報を書き換える事ができる上級者向けのエディタです。初心者が触ると危険なので間違って開かないように適当な場所にあるわけではありません。レジストリはとてもデリケートなもので、間違ってある設定を消したものならパソコンが死に至る事もあるとても危険なものです。

どうしても開かなくてはいけない事情がある場合は以下の方法で開く事ができます。

regedit2

スタートメニューから全てのアプリを開き、「Windowsシステムツール」から「ファイル名を指定して実行」を選択します。「Windows キー + R」のショートカットで開くほうが早いです。

regedit3

名前のテキストボックスに「regedit」と入力して OK をクリックします。

regedit4

Windows10 でレジストリエディタを開く事ができました。

目次

スポンサーリンク

336

336

関連トピックス

関連トピックス






-カスタマイズ

Copyright© Win10ラボ | Windows10の使い方と情報サイト , 2018 AllRights Reserved Powered by STINGER.