Windows10の使い方やカスタマイズなどの情報サイトです。

Edge  

Edgeでバッテリー節約🔋効率モードを有効・無効にする方法

スポンサーリンク

投稿日:

Windows10 の標準ブラウザ Edge で効率モードを有効、または無効にする方法を解説します。

効率モードとは、Edge で使用される CPU や メモリを節約して電力消費を抑え、バッテリーの節約につながる機能です。Windows10 自体にもバッテリーの節約機能はありますが、こちらは Edge に特化したバッテリー節約機能となります。

ノートパソコンではバッテリーの節約に効果がありますが、デスクトップパソコンでもブラウザが使用するメモリを節約できるので、他のアプリの使用も快適になる効果が期待できます。

効率モードを有効・無効にする方法

まずは Edge の画面右上にある「…」ボタンを押して、メニューの中から設定を開きます。

左メニューより「システムとパフォーマンス」を選択し、パフォーマンスの最適化の項目にある「効率モードをオンにする」のスイッチをオンにします。

無効にする場合はオフにしてください。設定は即時反映されます。

効率モードの切り替えをツールバーで行う

効率モードの切り替えを設定で行うのは面倒なので、ツールバーで切り替える事もできます。

Edge の右上の「…」ボタンを押して、メニューの中から「パフォーマンス」を選択します。

すると画面上部にパフォーマンスウィンドウが表示されます。ここでは赤枠部の「…」ボタンを押してください。

メニューの中から「ツールバーの[パフォーマンス]ボタンを表示する」を選択します。

するとツールバーにパフォーマンスボタンが常時表示され、ここから効率モードのオンオフを切り替えることができます。

目次

スポンサーリンク




関連トピックス



-Edge

Copyright© Win10ラボ , 2022 AllRights Reserved Powered by STINGER.