Windows10の使い方やカスタマイズなどの情報サイトです。

標準アプリ  

デスクトップに常時メモを残せる付箋アプリで備忘録作り

更新日:

fusen

付箋と言えば何か大事なことを忘れないように書いて残しておくような事に使ったりします。紙の端っこはノリで引っ付くようになっており、色々な所に貼り付ける事ができます。

紙の付箋も良いですが、風で飛んでしまったり紛失する恐れもあります。しかし、それがパソコンのデスクトップの中にあればどうでしょう。デスクトップと言えばいつも目にする場所ですし、紛失してしまう恐れもありません。Windows にはそんな付箋アプリがあります。

Windows10の付箋アプリの使い方

fusen3

全てのアプリから付箋を探します。

fusen2

付箋アプリを開くとこのようにデスクトップ画面にメモを残すことができます。パソコンをつけたら必ず目にする所なので、毎日のタスクや忘れてはいけない事などを書いておくと役立ちます。

fusen3

ちなみにこの付箋アプリはいくらでも増やすことができます。付箋にマウスカーソルを合わせて左上の+ボタンを押せば付箋が増えますし、マウスのドラッグで大きさや場所移動も自由自在です。

fusen5

また、付箋上で右クリックすると付箋の色を6色から選ぶことができます。

関連記事

2016年9月以降のアニバーサリーアップデートで付箋がなくなり Sticky Notes になりました。

Windows10で付箋が消えた場合の対処法「Sticky Notes」 | Win10ラボ

目次

スポンサーリンク

336

336

関連トピックス

関連トピックス






-標準アプリ

Copyright© Win10ラボ | Windows10の使い方と情報サイト , 2018 AllRights Reserved Powered by STINGER.