Windows10の使い方やカスタマイズなどの情報サイトです。

Pixel Watch  

Google Pixel Watchで画面を常時表示する方法

スポンサーリンク

投稿日:

Google Pixel Watch で画面を常時表示する方法を解説します。画面を常時表示することで、普通の腕時計のようにいつでも時刻、天気、歩数などを確認する事ができます。

しかし、Pixel Watch のバッテリー保ちはカタログスペックで24時間となっています。当然常時表示する事でバッテリーを多く消費する事になります。

バッテリーを節約するために、通常は Pixel Watch を見ていない時は画面が消えるようになっています。時計を見るために腕を少し傾ける事で画面が点灯します。

常に画面を表示する方法

Pixel Watchで設定

文字盤を下へスワイプします。

歯車アイコンをタップします。

リューズ(右側のツマミ)を回転させるか、上へスワイプして「画面」をタップします。

「常に画面をON」のスイッチをオンにします。

「常に画面をONは電池を消費します」という確認画面が表示されます。

チェックマーク✔をタップする事で、設定が反映され画面が常時表示になります。

アプリで設定

Pixel Watch 専用のアプリで設定を行います。

Pixel Watch アプリを開いて、設定の「スマートウォッチの設定」をタップします。

「画面とジェスチャー」をタップします。

「常に画面をON」のスイッチをオンにします。

設定は即時 Pixel Watch に反映されます。

常時表示に伴う変化

画面を常時表示にすると以下のような変化があります。

  • 文字盤がやや小さくなる
  • 秒針は非表示
  • 時刻の更新は1分に1回

秒針は非表示になりますが、時計を目の前で見ると秒針も表示されるようになります。

pixel watch目次

スポンサーリンク




関連トピックス



-Pixel Watch

Copyright© Win10ラボ , 2022 AllRights Reserved Powered by STINGER.